腰痛治療の知恵袋-埼玉(さいたま)

注目

Pocket

|腰痛とは?

腰痛とは腰周辺に起こる様々な痛みのこと。
原因は様々で脊椎由来のものから腰以外の原因で痛みが起こる場合があります。

腰痛には急性腰痛と慢性腰痛があり、急性痛は警告信号としての痛み、慢性腰痛は痛みそのものが病気の状態です。
backache - isolated on white digital composition


|腰痛の原因

腰痛の原因は様々です。
多くの場合は心配することのないものですが、まれに重篤な疾患が隠れていることがあり、正確な判断が必要です。

特に危険信号(レッドフラッグ)である安静にしても痛みが楽にならない、どの姿勢でも痛い、徐々に悪化する、発熱している、足に力が入らない、便失禁や尿が出ない、漏れるなどの症状がある場合、放置したり自己判断することは禁物で、すみやかに精密な検査をする必要があります。

以下に腰痛の危険信号(レッドフラッグ)を挙げます。該当するからといって必ず重篤な疾患があるとは限りませんが、あった場合は画像検査や血液検査を実施して重大な病気が隠れていないか調べることを腰痛診療ガイドラインは勧告しています。

■レッドフラッグ(生物学的危険因子)

・年齢が20歳以下か、55歳以上
・最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)
・進行性の絶え間ない痛み(夜間痛、楽な姿勢がない、動作と無関係)
・胸部痛
・悪性腫瘍の病歴・長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用歴
・非合法薬物の静脈注射
・免疫抑制剤の使用
・HIV陽性
・全般的な体調不良
・原因不明の体重減少
・腰部の強い屈曲制限の持続
・脊椎叩打痛
・身体の変形
・発熱
・膀胱直腸障害とサドル麻痺(馬尾症候群の疑い)

腰痛の主な原因としては以下の原因が考えられます。

1, 同じ姿勢を長時間続ける(不良姿勢)
2, 激しすぎる運動や労働
3, 身体的ストレス
4, 精神的ストレス
5, 内臓の病気(解離性大動脈瘤などの血管性のもの、胆嚢炎や十二指腸潰瘍など消化器性のもの、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系のもの、尿管結石や腎臓など泌尿器系の疾患など)
6, 外傷(骨折や捻挫)
7, 原発性や転移性の悪性腫瘍
8, 感染症

|腰痛の症状


ぎっくり腰
ぎっくり腰は急に腰に痛みが発生することで有名です。
重たいものを持ち上げる際や、ちょっとした動作の際になることが多いのですが、それ以前に強いストレスがあったり疲労が蓄積していたりと、ぎっくり腰を起こしやすい状態であることが多いようです。ですからぎっくり腰は慢性的な疲れや誤った生活習慣の結果とも言えます。

変形性腰椎症
脊椎(背骨)に加齢性の変化が起こり、椎間板が狭くなったり骨に変形が起こったりした状態です。

腰椎椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアは脊椎の椎骨と椎骨の間にある椎間板が後方に突出し、神経組織を圧迫した状態です。

脊柱管狭窄症
脊椎内部の脊髄を通す管、脊柱管が狭くなることにより神経組織が圧迫されて症状が出現するとされている疾患です。

坐骨神経痛
坐骨神経は腰椎からでてお尻から膝、ふくろはぎ、足の先までいっている神経で、これがなんらかの原因で刺激や圧迫されると神経に沿って痛みやしびれを生じるものと考えられています。

腰椎分離症・腰椎すべり症
腰椎の前方は椎体、後方の椎間関節についている部分は椎弓と呼ばれています。腰椎分離症はこの椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、骨が離れてしまった状態を腰椎分離症といいます。
また、分離症のなかで椎体が前方にズレてくるものを腰椎分離すべり症といいます。

女性の腰痛
妊娠による腰痛

生理痛による腰痛

産前産後腰痛
3d white people radiologist

 


|腰痛の治し方

西洋医学(病院・整形外科など)での治療方法

・安静
一昔前までは腰痛になったら安静などと言われていましたが、現在ではそのような考え方は変わり、余程の激痛でない限り日常生活の動作をできるだけ維持するようにした方が回復が早いと言われています。

・薬物療法
内服薬(痛み止め、筋弛緩剤など)
外用薬(冷・温湿布、軟膏など)

・装具療法
コルセットや骨盤ベルトなど

・理学療法
温熱療法、干渉波療法、超音波療法、牽引療法など

・神経ブロック療法
神経ブロック療法とは、神経や神経の周りに麻酔薬を注射して、痛みを改善する方法です。麻酔薬が神経に作用して痛みの伝わる信号をブロックすることで痛みを取り除きます。痛みが緩和されることで血の流れがよくなり、筋肉の筋肉の緊張も軽減します。

神経ブロック療法にはいくつか種類がありますが、主なものは以下の通りです。

・星状神経節ブロック
首の付根、鎖骨の内側のすぐ上辺りにある「星状神経節」という交感神経の集まりに局所麻酔薬を注射して交感神経の機能を一時的に抑える方法です。

・硬膜外ブロック
硬膜外ブロックは腰の辺りに行う注射ですが、脊髄を覆う硬膜の外側にある硬膜外腔に麻酔薬を注射して神経の炎症を抑えて痛みを改善する方法です。

・トリガーポイントブロック療法
トリガーポイントとはそのままですが引き金点という意味です。運動器に発生する多くの痛みやしびれは筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)で、筋肉や靭帯を押すと強く痛んだり、症状を再現できる場合があります。トリガーポイントブロックは筋肉の圧痛点に直接局所麻酔薬や生理食塩水、鎮痛剤を注射し、痛みを取り除きます。

※トリガーポイントブロックに関しては私も所属している筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会のHPをご覧ください 筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会HP http://www.jmps.jp/


|手術

一昔前までは手術といえば患部をメスで大きく切り開いて行うものが主流でしたが、近年の医療技術向上により、現在は内視鏡を使った体に負担の少ない手術などもでてきました。

  • 椎間板切除術(ラブ法)
    腰椎椎間板ヘルニアで最も行われている手術方法です。
    椎間板ヘルニアがある位置の背中を5センチほど切開し、奥にあるヘルニアの塊を切除して取り除きます。
  • 経皮的髄核摘出術・経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)
    椎間板ヘルニアに行われる手術方法です。椎間板の中身を摘出することで、ヘルニアの圧力を下げて、神経への圧迫を軽減させる方法です。
  • 脊椎固定術
    腰椎が不安定な状態になっている場合、固定器具を用いて骨が動かないように固定する手術です。
  • 分離部修復術
    腰椎分離症・すべり症などで脊椎の一部が骨折して離れている場合に分離している部分をつないで固定する手術方法です。
  • 椎体置換術
    脊椎を構成している椎体を置換する手術方法です。
  • その他手術
    骨棘切除術、経皮的椎体形成術、骨切り術など

|東洋医学(整体院、接骨院、カイロプラクティク、治療院など)

東洋医学での治療方法は皆さんご存知、注射での投薬や手術は行わずに改善を図ります。東洋医学での治療方法も、西洋医学の治療方法と同じく、数多くの方法があります。腰痛の施術を得意としていて、経験豊富な治療家を選べば数回の治療でも結果が出せる治療家も存在していますが、強い広告規制の存在や、実績や改善例を表現しにくいなどの現実があり、選ぶ方としてもなにを基準に選べばよいのか分からないのが現状です。

 |整体・カイロプラクティクなどの徒手療法

骨格の歪みや姿勢の歪み、ズレ等を矯正し、正しい状態へと導く。
多種多様な方法がある。

|干渉波、低周波、超音波、温熱、牽引などの理学療法

整形外科と同じく、理学療法機器を使用した施術方法。

|マッサージ療法・鍼灸療法

症状のある場所や離れた場所をマッサージ、鍼をうつことによって、筋肉を柔らかくしたり、血流を改善することで痛みの改善を図ります。

※腰痛は実に様々な原因で発生します。自己判断はせずに必ず専門家の指示を仰ぎましょう。おおしま整体院では独自の矯正法やカウンセリングなどを駆使し、痛みやしびれの根本的な解決を目指しています。


|おおしま整体院の紹介

10854309_771086426303020_2409317952724431393_o埼玉県蓮田市で整体院を経営しています
おおしま整体院、院長の大嶋大輔と申します。

以前より
「ネットを調べても自分が欲しい情報が手に入らないから困っている。」
と声を頂いていました。
そこで、西洋医学と東洋医学どちらも偏りがないように、なるべく専門用語を使わないでわかりやすくこの情報提供サイトを作成してみました。

体の痛みに悩んでいる皆さんの力に少しでもなれれば幸いです。

■プロフィール
新潟県産まれ
幼少の頃に経験した様々な怪我をキッカケに治療家を目指し柔道整復師国家資格を取得。
柔道整復師として腰痛や坐骨神経痛など、カラダの痛みやしびれを抱えた方の施術を専門におこなっている。
特に関節センサーの異常や筋膜性疼痛症候群の施術を得意とする。
現在は「一人でも多くの患者さんの痛みやしびれを取り除くこと」をモットーに、全国各地から来院する患者さんの施術に明け暮れる。

■著書
「テンタクル・タッチで痛みが溶ける!究極の脱力ジェリーフィッシュ・セラピー」
「腰痛解消!神の手を持つ18人」
「腰痛・首・肩の痛みを取る!匠の技を持つ23人」
無題■施術所
おおしま整体院 :http://おおしま整体院.com/
住所:〒349-0124 埼玉県蓮田市末広2-1-2
お問い合わせ:電話 048-764-1190
施術時間:午前9時~12時 午後2時~6時半(土日祝日は午後5時半まで)
休診:水曜・不定期で時々

map


|ACT療法

高校卒業後にこの業界に入り、もうすぐ20年になります。今まで数多くの患者さんの症状回復に向けて施術をおこなってきました。

埼玉県蓮田市の地に治療院をかまえてから数年はAKAをおこなっていたのですが、ある日技術を見直すキッカケが訪れました。

いつものように患者さんの体に施術していると、皮膚に刺激を加える事で筋肉が柔らかくなったり、関節包内運動が正常化する現象を発見したのです。

その後数年間試行錯誤を重ね、安定して効果を出せるようになったのでこの施術方法に「ACT療法」と名前をつけました。

数年ほど前に山口創先生や傳田光洋先生の著書に出会いましたが、その中になぜ筋肉の緊張が解けるのかが書いてあります。山口創先生や傳田光洋先生の本は読んでみることをお勧めします。

これまでに様々な刺激方法を試みた中で発見したことは

・一定の速度、刺激で皮膚を刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節包内運動の異常が改善すること。

・特定の2ヶ所、3ヶ所を同時に刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節機能障害が改善することなどです。

現在もより早く改善できるように技術を見直しながら改良を続けています。

腰痛やひざ痛など、運動器の痛みに関してですが、痛みが出ている場所に必ずしも原因があるとは限りません。例えば足の指がおかしくなっているにもかかわらず、腰に痛みを感じたり、首や背中に異常があるのに指や肘に痛みを感じたりすることはよくあることですが、これを「関連痛」といいます。

実際に現場で施術しているとこの関連痛が非常に多いことがわかります。

ですからACT療法では痛みのある場所にこだわるのではなく、全身を見てバランスを整える方法をとっています。

この技術で一人でも多くの痛みに悩む方が痛みから開放されれば幸いです。

特に腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、変形性関節症の施術を得意としています。

おおしま整体院 : http://おおしま整体院.com/
〒349-0124
埼玉県蓮田市末広2-1-2
電話: 048-764-1190
Pocket

喫煙が筋骨格系損傷リスクを増大させる

Pocket

 米・Womack Army Medical CenterのSheryl Bedno氏らが、米国陸軍兵士を対象に喫煙およびトレーニングに関連した筋骨格系損傷についてメタアナリシスを行った結果、喫煙者では非喫煙者に比べて筋骨格系損傷のリスクが約30%高いことが分かった。詳細はMed Sci Sports Exerc2017; 49: 2191-2197)に発表された。

https://medical-tribune.co.jp/news/2017/1208511867/

Pocket

骨粗鬆症治療は過剰医療なのか

Pocket

高齢者が転倒した場合などによく起こる股関節骨折は、歩けなくなるなど重大な問題につながることも多く、予防が目指されています。予防のため骨密度を測って、骨粗しょう症が見つかれば薬で治療する、という治療方針は現在普通に行われていますが、これまでの研究を概観し、骨粗しょう症治療の意義に根本から疑問を投げかける論文が、有名電子ジャーナル『BMJ』から公表されました。

 

骨粗しょう症より転倒が重要?

著者らは骨粗しょう症治療の意義を考えるうえで、1993年のCooperらの論文がレントゲンで診断された脊椎骨折のうち症状があるものは1/3にすぎないとしていることなどから、股関節骨折に論点を絞っています。

股関節骨折の主な原因として、2003年のStoneらの論文では股関節骨折のうち骨粗しょう症が原因と考えられるものは1/3に満たないとされていることを挙げたうえ、2000年のKanisらの論文、1996年のMarshallらの論文を参照して、骨折を増やす要因として「加齢の効果は骨密度の減少よりも11倍強い」と指摘しています。さらに、2007年のSievanenらの論文を参照して「転倒なしには骨がもろくなっていたとしても股関節骨折は起こらない」と述べています。

    Overdiagnosis of bone fragility in the quest to prevent hip fracture.

続きはこちらから http://medley.life/news/item/5567e5a80bfa223201a86757

1)骨粗鬆症と診断された椎体圧迫骨折の2/3は無症状
2)骨粗鬆症が原因の股関節骨折は1/3に満たない
3)ビスホスホネートを服用するより、転倒を防ぐ運動トレーニングが有効(骨折リスクを60%減少)

 

Pocket

リハビリによる運動機能回復にはやる気が重要 – 生理研が脳科学的に解明

Pocket

生理学研究所(生理研)は10月2日、脊髄損傷後のサルの運動機能回復の早期において、やる気や頑張りを司るどる脳の領域「側坐核」が、運動機能を司る「大脳皮質運動野」の活動を活性化し、運動機能の回復を支えることを脳科学的に明らかにしたと発表した。

同成果は、同研究所の西村幸男 准教授、京都大学大学院医学研究科大学院生(研究当時)の澤田真寛氏(現・滋賀県立成人病センター 脳神経外科)、理化学研究所・ライフサイエンス技術基盤研究センターの尾上浩隆グループディレクターらによるもの。詳細は米科学誌「Science」に掲 載された。

これまでの研究から、患者がなんらかのリハビリを行う際、意欲を高く持つと回復効果が高く、うつ症状を発症すると、機能の回復に遅れが生じることが 知られていた。しかし、実際に脳科学的に、そういった高い意欲であるやる気や頑張りといった心理状態が、運動機能の回復にどのように結びついているのかは よく分かっていなかった。

そこで研究グループは、今回、サルを用いて、やる気や頑張りを司る脳の神経核である「側坐核」を不活性化させることで、運動機能を司る「大脳皮質運 動野」の神経活動がどのように変化するのかを調査。その結果、脊髄損傷後の運動機能回復の初期において、側坐核による運動野の活性化がリハビリテーション による運動機能回復を支えていることを突き止めたとする。

また、脊髄損傷前と完全に運動機能回復した後では、側坐核の活動は大脳皮質運動野の活動や手などの運動に関与していないことも確認されたことから、 研究グループでは、実際の患者のリハビリにおいては運動機能を回復させることそのものも重要だが、脳科学や心理学などに基づく心理的サポートも重要である ことが示された、とコメントしている。

Intellectual thinker , Human xray with gears for brains

Pocket

腰痛に屈するなのキャンペーンで医療費減少

Pocket

オーストラリアのビクトリア州で「腰痛に屈するな」と銘打つマルチメディアキャンペーンを行ない、近隣のニューサウスウェールズ州を対照としてその影響を比較した結果、労災申請件数は15%減少し医療費も20%減少した。http://p.tl/cSQr http://p.tl/CFpH

Pocket

現在のX線所見の報告書は患者を不安にさせる恐れ

Pocket

現在のX線所見の報告書(椎間板変性・分離症・分離すべり症・二分脊椎・腰仙移行椎・ショイエルマン病)は患者を不安にさせ、不必要な活動制限や思い込み、不必要な治療へと追い込む恐れがあるため、挿入文を追記することを推奨する。http://1.usa.gov/X086so

【軽微な椎間板変性】この所見を有するものの半数は腰痛が無いので今の症状とは無関係かもしれない。【進行した椎間板変性】この所見を有する者の40%は腰痛が無いので今の症状とは無関係かもしれない。【脊椎分離症】この所見を有するものの半数は腰痛が無いので今の症状とは無関係かもしれない。【脊椎分離・すべり症】この所見を有する者の半数は腰痛が無いので今の症状とは無関係かもしれない。【二分脊椎】この所見を有する者の半数は腰痛が無いので今の症状とは無関係かもしれない。【腰仙移行椎】この所見を有する者の半数は腰痛が無いので今の症状とは無関係かもしれない。【ショイエルマン病】この所見を有する者の40%以上は腰痛が無いので今の症状とは無関係かもしれない。

Pocket